出会いアプリを利用する人の状況

2015-05-14

■出会いアプリが人気

ネット上のコミュニケーション手段として、出会いアプリ(ソーシャルネットワーキングサービス)が多くの人に利用されています。
出会いアプリを提供するサイトはいろいろありますが、現在日本国内において最も利用されているのは「mixi」、次いで「Twitter」、そして「Facebook」、「GREE」、「モバゲータウン」と続きます。
これらは複数回答となっており、一人でいくつもの出会いアプリを利用している人も少なくないのが実情でしょう。
出会いアプリはコミュニケーションの手段としての利用が主で、メールといったデジタルツールとしての利用はあまり一般的ではないように見受けられます。

■出会いアプリを利用する理由は?

出会いアプリに登録したきっかけについては、いつも遊んでいる友達に誘われてという回答がmixiでは半数近く、加えて20パーセント程度がそれ以外の友達に誘われてと、友人や知人に誘われたことが理由の多くを占めました。
その他の出会いアプリでは、それぞれ自分自身で興味を持って登録したという回答が20~25パーセントの割合を示しています。
登録時点では出会いアプリについてあまり知識がなくても、入会後にいろいろと情報を入手したり楽しむことができるという「お手軽さ」と「簡単さ」は出会いアプリの大きな魅力といえるでしょう。
登録のきっかけには「流行っているから」という答えもたくさんあり、FacebookやTwitterはメディアなどで多く取り上げられて興味を持ったケースが多数見られるようです。
つまり出会いアプリを利用する人には、特に明確な利用目的を持たずに「何となく」利用を始めたケースが多いといえるのです。

関連記事

Copyright(c) 2015 目的の出会いがすぐ見つかる出会いアプリ All Rights Reserved.