5月, 2015年

出会いアプリを利用する人の状況

2015-05-14

■出会いアプリが人気

ネット上のコミュニケーション手段として、出会いアプリ(ソーシャルネットワーキングサービス)が多くの人に利用されています。
出会いアプリを提供するサイトはいろいろありますが、現在日本国内において最も利用されているのは「mixi」、次いで「Twitter」、そして「Facebook」、「GREE」、「モバゲータウン」と続きます。
これらは複数回答となっており、一人でいくつもの出会いアプリを利用している人も少なくないのが実情でしょう。
出会いアプリはコミュニケーションの手段としての利用が主で、メールといったデジタルツールとしての利用はあまり一般的ではないように見受けられます。

■出会いアプリを利用する理由は?

出会いアプリに登録したきっかけについては、いつも遊んでいる友達に誘われてという回答がmixiでは半数近く、加えて20パーセント程度がそれ以外の友達に誘われてと、友人や知人に誘われたことが理由の多くを占めました。
その他の出会いアプリでは、それぞれ自分自身で興味を持って登録したという回答が20~25パーセントの割合を示しています。
登録時点では出会いアプリについてあまり知識がなくても、入会後にいろいろと情報を入手したり楽しむことができるという「お手軽さ」と「簡単さ」は出会いアプリの大きな魅力といえるでしょう。
登録のきっかけには「流行っているから」という答えもたくさんあり、FacebookやTwitterはメディアなどで多く取り上げられて興味を持ったケースが多数見られるようです。
つまり出会いアプリを利用する人には、特に明確な利用目的を持たずに「何となく」利用を始めたケースが多いといえるのです。

私の出会いアプリ体験

2015-05-14

■出会いアプリでのコミュニケーション

出会いアプリは人間関係のあり方も大きく変えようとしています。
以前は人と人とのやりとりというと、実際に面と向かって話をするか電話や手紙といったツールを使うことがほとんどでしたが、インターネットの登場によりそれらを使わなくても簡単にコミュニケーションが取れるようになりました。
そして、それを如実に表すのが出会いアプリだと思います。

■mixiのお陰で…

実は私、ある友達と些細なことがきっかけで喧嘩をしてしまい、しばらく連絡を取らなくなったんです。
彼女とは長い付き合いですから、自分が間違っていないと思った事に関しては絶対に曲げることはない強情な性格であることは知っています。
そして、私も彼女以上に強情で意地っ張りんば性格なんです。
だからお互いそろそろ仲直りをしたいと思っていても、なかなか謝るきっかけを見つけ出すことができなかったんです。
何とか仲直りをしたい、そう思った私が思いついたのが、mixiの「イイネ」ボタンなんです。
私も彼女もmixiを利用しているので、そこに書き込まれた彼女の文章に私が「イイネ」を押すことで仲直りのきっかけにしようと考えたんです。
彼女も私と仲直りをしたいと考えていたらしく、「イイネ」ボタンを押すとすぐに彼女からメールが送られてきて仲直りができました。
もしmixiがなければ、私たちはそのまま喧嘩別れをしていたかもしれないと思うと、mixiに大感謝です。

■ネットでの繋がり

インターネットでのコミュニケーションは表面だけとか希薄といった意見をよく耳にします。
でも、昔のような面と向かって話をしたり電話や手紙といった形ではなくても、使う人に気持ちさえあればインターネットでも心のこもったコミュニケーションは充分可能だと思います。

出会いがないと嘆く前に

2015-05-14

■積極的に出会いを求める

人間関係において出会いは重要です。
出会いがなければ恋人はもちろん、友達でさえできないということになってしまいます。
とはいえ、周りに素晴らしい出会いがある人ばかりではないですよね。
出会いはただ待っていても訪れるわけではありません。
自分から積極的に行動しなければ得ることはできないのです。
最近は結婚する男女が減少している、結婚年齢がだんだんと高くなっているといわれますが、結婚したい、それもできるだけ早くと考えている人も少なくないはずです。

■出会いを提供してくれる「サンマリエ」

出会いがないと嘆いているなら、インターネットの出会いアプリサイトの結婚情報サービスを活用してみることをオススメします。
「サンマリエ」は、結婚を望む人をサポートし結婚のための情報を提供してくれる会社です。
会員になると、全国各地に存在する100人以上のカウンセラーが結婚のためのあらゆるサポートを行ってくれます。
それぞれのカウンセラーが個人個人の状況や悩みに応じたサービスや情報を提供してくれるのです。
結婚に対する意識や思い、考え方などは人それぞれ、だからこそその人にあったサービスや情報が必要となり、ここではそれが叶えられるのです。
またネット上だけでなくさまざまなイベントを全国各地で開催しているので、それらに参加すれば出会いのチャンスはさらに広がることでしょう。
しかし、そんなパーティなどのイベントに参加するは苦手という人には、その人に応じたコーディネートも用意してくれます。
さらに恋愛オープンカレッジやコミュニケーション能力を高めるためのセミナーなども開催しており、実践的な恋愛術が身につく可能性があることも特徴的といえるでしょう。
あなたも出会いを求めてみませんか。

コピペメールのススメ?

2015-05-14

■無料サイトはオススメ

出会いアプリを利用する場合、お金の心配が必要なのは困ります。
今いくら利用しているかが気になって相手を口説くことに集中できないなんて楽しくありませんよね。
お金がなくなってしまい、もう少しで上手くいくはずが途中でやり取りできなくなってしまったなんてことがおこったなら本末転倒です。
ですから、特に出会いアプリ初心者の人には無料の出会いアプリを利用することをオススメします。
初心者はサイトを使いこなすまで時間が掛かりますし、一人や二人の女性にアプローチしているだけではなかなか上手くいきません。
下手な鉄砲も数打ちゃ当たる式に、一度にたくさんの女性にアプローチするほうが成功率がアップするのは間違いないのです。
そんなとき、無料サイトなら料金のことなど気にせずいくらでもメールややり取りがし放題なのは嬉しい限りです。

■複数の相手にメールする

ところで、一度に複数の相手にメールを送る場合、一人ひとりに文面を変えて送信するのって手間も掛かるし面倒だと思いませんか。
「でもみんな同じ文章だとすぐにバレちゃうんじゃないの?」と考える人も多いようですが、結構皆さん返信してくれるようです。
もちろんDMのような文章ならコピペという以前に問題ですが、誰にでも当てはまるような内容なら案外気付かれないものです。
実際100人の女性全員に定型文で送ったメールに対して、一人や二人は返信をくれます。
「えー、たったそれだけ?」と思うかもしれませんが、いろいろ文面を工夫して送付しても返信してもらえる数はさほど変わらないのです。
要はきっかけ作りです。
コピペメールでも返事がもらえたなら、それをきっかけに今度はオリジナル文章でしっかり口説けばいいのです。

プロフィールの重要性

2015-05-14

■プロフィールは自己紹介

出会いアプリに登録する際には、プロフィールの作成を求められます。
作成方法やその内容には特に決められたものがないせいか、適当にプロフィールを作成している人も少なくないようです。
しかし、そんな人にもここでプロフィールの重要性を認識してもらいたいのです。
プロフィールは出会いアプリにおけるいわば「自己紹介」です。
女性が男性にメールを送ろうとする場合、何を基準とするか?、それは送られてきたメールそのものに加えて、プロフィールに書かれた内容なのです。
出会いアプリは男女が出会う場を提供してくれる優れたツールであるのは間違いありません。
ところが、男性会員に比べ女性会員の数ははるかに少なく、サイトによっては男性9に対して女性1というケースも珍しくないのです。
したがって、女性会員の元には男性会員からのメールが毎日山のように送られてきます。
その中から気に入ったメールを選び出すわけですが、さらにプロフィールでその人がどんな人物であるかを確認するのです。
男性がメールを送る女性を選ぶ際にプロフィールを決め手にすることが大半なのと同じく、女性もプロフィールを見て返事をするか否かの最終決定をするというわけなのです。

■どんな内容がいいの?

では、どのような内容のプロフィールが好ましいのでしょうか。
それには、女性が興味を持つようなもの、返事を送りやすいようなもの、そして末尾を疑問形にしておくことなどが挙げられます。
こういった点に留意して、「会話がしやすい」プロフィールを作成することをオススメします。

思春期の子供とのコミュニケーション

2015-05-14

■子供は成長につれて

子供が思春期になると急に口を利かなくなった、コミュニケーションが取れなくなったと悩んでいる親も少なくないようです。
しかしこれは多くの子供の成長の上で起こり得ること、悩む必要はありません。
思春期を迎えた子供は、自我が芽生えてきます。
つまり、パーソナリティの確立です。
それまでは親や周りの意見に左右されていたのが、自分自身の思いや考えをしっかり持つようになります。
子供から大人になるために必要な段階であり、欠かすことのできない重要な成長過程なのです。
子供は自分なりの価値観を持つようになりますから、それが親の考え方とは異なるケースもたくさんできてくることでしょう。
したがって、子供が親に反発する場面も多くなるというわけなのです。

■お互いが解りあうために

では、思春期の子供とはどうすればお互いに解りあえるのでしょうか。
それには、コミュニケーションを密にすることです。
相手が何を考えどう感じているかを知ることが、相手を理解する最良の方法なのです。
そのためには、まず相手の話を聞きましょう。
思春期の子供はなぜか、親は自分の話を聞いてくれないと思い込んでいます。
それはあくまでも親と子供の価値観の違いから生じたものなのですが、とりあえずは親から子供にアプローチして親子の間に生じた「垣根」を取り除くことが必要です。
この際に肝心なのは、とにかく子供の話を最後まで聞くことです。
親は子供の考えが間違っていると思うと、話を途中でさえぎって自分の考えを述べがちです。
それでは、真のコミュニケーションを取ることはできません。
最後まで相手の考えを聞き、その上でお互いの考え方を述べ合うことでコミュニケーションは成立するのです。

手を繋ぐことで心が繋がる

2015-05-14

■手を繋ぐカップルの増加

最近では、よく若いカップルが手を繋いで街を歩いているのを見掛けるようになりました。
また熟年層や老年層の夫婦が仲良く手を繋いでいるのを見る機会も増え、そんなときには何となくほほえましく感じるものです。
海外ではこのような光景は以前から普通だったのですが、日本ではなかなか抵抗があったのが一般的ではなかったようです。
しかし、いつの頃からか日本でも手を繋ぐカップルの姿が街中でたくさん見られるようになってきました。

■手を繋ぐのはコミュニケーション手段

それでも、まだまだ人前で手を繋いだり腕を組むことに恥ずかしさを覚えたり照れたりするカップルも少なくありません。
でも男女が手を繋ぐという行為は、お互いの関係を一層深める重要なコミュニケーション手段のひとつでもあるのです。
恋人や夫など大好きな異性と手を繋ぐことは、触れた部分が暖かいだけでなく心の中まで温かくしてくれるように感じます。
手を繋ぐという行為がコミュニケーション手段として有効なのは、何も男女の関係だけに限りません。
親と子、おじいさんやおばあさんと孫と言った関係だけでなく、まったく血の繋がっていない赤の他人でさえも手を繋ぐことで心を通わせることもできるのです。

■スキンシップの実践

人と人が理解しあうためにはスキンシップが重要といいますが、手を繋ぐことはスキンシップのひとつでもあるのです。
病気や怪我をした場合に「手当てを行なう」といいますが、これは悪い部分に「手を当てる」ことで痛みを緩和させたり取り除く効果を期待してのことなのです。
このように身体の部分を触れ合うスキンシップは人間関係を保つ上で非常に重要な役割を担っており、手を繋ぐことによりそれを実践しているのです。

Copyright(c) 2015 目的の出会いがすぐ見つかる出会いアプリ All Rights Reserved.